2017年12月26日

兜山 −笛吹市春日居町の里山

名前の通りでふもとから見たら
兜のような形をしている山。

甲府盆地の市街地にとても近く
安全なコースもあれば鎖場があるコースもある
低山にしては楽しめる場所である。

続きを読む
posted by たくげん at 19:00| Comment(2) | 登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

小楢山 −侘し古那羅の恋し路

南北朝時代の臨済宗の禅僧、
夢窓国師が修行したという小楢山。
夢窓国師はこの山を古那羅山と名付けている。

また、うどんを作るときに使う
権鉢に形が似ているということから
権鉢山とも呼ばれている。

続きを読む
posted by たくげん at 20:00| Comment(0) | 登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

羅漢寺山 後編 −弥三郎岳から錦秋の昇仙峡へ

昔は金峰山信仰で昇仙峡は
多くの修験者が金峰山へと登る道のひとつであった。

昇仙峡のシンボルである覚円峰は
僧侶の覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で
修行したことが由来となっている。

修験者たちが金峰山へ登るために進み
修行する渓谷とは実に納得の名前である。


続きを読む
posted by たくげん at 21:00| Comment(0) | 登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

羅漢寺山 前編 −昇仙峡の渓谷美を作る山

日本一の渓谷美と称される昇仙峡。
その渓谷を作る西にある山。

山頂へはロープウェイもあり、
山頂のパノラマ台駅から弥三郎岳までの
一帯を総称して羅漢寺山と呼ぶ。
最高点は弥三郎岳。

続きを読む
posted by たくげん at 23:00| Comment(0) | 登山記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする