堅破山 -茨城北部の奇岩巡り

水戸徳川家二代当主の水戸光圀公が
ここへ訪れたときに見た真っ二つに割れた石から
山名がついたとされる。
伝承が残る奇岩の多い山である。




前日は奥久慈男体山と八溝山へ登り
大子町にいましたが、時間があったので
堅破山付近にある道の駅さとみまで移動して車中泊。

5:15登山開始。
これは黒前神社の一の鳥居。

tatsuware-san01.JPG


本当はこの地点よりもう少し先に
堅破山の登山駐車場があるのですが、
道が細く帰りの時間に多くすれ違いが
発生しそうだったのでここに駐車しました。


これは二の鳥居。
見逃すところでした、注意して右を見ながら
細道を上がってこないとわからない。

tatsuware-san02.JPG



一の鳥居から15分ほどで堅破山の登山駐車場着。

tatsuware-san03.JPG



鳥居をくぐっていくのが正攻法なのかと
思ってましたがなるほどこうなってたのか。
いろいろ見どころのある石が多そうです。

tatsuware-san04.JPG



さて堅破山の登山道へ。

tatsuware-san05.JPG



後生車というもの。
ここから入っていきます。

tatsuware-san06.JPG



後生車から5分ほどで不動石。
木で隠れてますが不動明王が立っています。
明治に立てられたものなのだとか。

tatsuware-san07.JPG



この先には烏帽子石。
河内源氏3代棟梁である八幡太郎こと源義家が
ここへ参拝したときにかぶっていた烏帽子に
似ていたことからついたのだとか。

tatsuware-san08.JPG



手形石。
確かに手形に見えるわけで・・・

tatsuware-san09.JPG



畳石。
八幡太郎義家がここで
腰を下ろして休んだという。

tatsuware-san10.JPG



ここまでの流れ・・・
・八幡太郎が堅破山に参拝しにきました。
・気合入れて岩に手形つけてやったぜ!
・気合入れて疲れた、あの岩で一旦休憩。

この調子だとここの名物
太刀割石も八幡太郎が
斬り応えのありそうな石があったから
ばっさり斬ってやったという流れになりそう・・・


雷杉と書かれた木があります。
雷で真っ二つになったところから
新しく杉の木が生えたというもの。

tatsuware-san11.JPG



5:55弁天池着。
辺りのブナが水源で
ここに沸き出たものなのだとか。

tatsuware-san12.JPG



ここに分かれ道があり
左は太刀割石経由の道、
右は仁王門をくぐる山頂への近道です。

tatsuware-san13.JPG



太刀割石は帰りに見に行くとします。


仁王門を上がると太刀割石がある方からの道と合流、
そこから少しすると開けた所に出てきます。
そこにあるのが釈迦堂。

tatsuware-san14.JPG



ここに甲石と舟石があります。

tatsuware-san15.JPG



釈迦堂の隣にある階段を上がっていくと
黒前神社です。

tatsuware-san16.JPG



麓にも出てきた黒前とは黒坂命という
弥生時代頃の人物。
紀元前80年頃蝦夷への凱旋途中で
病に倒れた場所であったことにちなんで
この山は元々黒前山と呼ばれていたそうです。

そんな黒坂命の古墳は霞ヶ浦の南岸にあるのだとか。


ここまで来たらあとは平坦な道。
山頂の展望台が見えてきた。

tatsuware-san17.JPG



6:10堅破山登頂。

tatsuware-san18.JPG



堅破山の展望台からの景色。
南西の方角、何か鉄塔が立っているように見えます。
あれが筑波山かな。

tatsuware-san19.JPG



山頂より先にある胎内石を見てきます。

tatsuware-san20.JPG



2分ほど下ったところにありました、
疲労困憊の黒坂命が
休憩していたとされる胎内石。

tatsuware-san21.JPG



さて山頂へ戻り、いよいよ最後に残していた
この山一番の奇岩、太刀割石へ。

釈迦堂まで戻って5分ほど北上すると
ありました太刀割石!

tatsuware-san22.JPG



八幡太郎義家が夢で黒坂命と出会い
目が覚めると刀が一振りあり
刀を振り下ろすと石が真っ二つっといった伝説。

八幡太郎やっぱりお前か!
それはともかく見事に真っ二つな石です。


6:50下山。

tatsuware-sanGoogleEarth.JPG




いつもバナーをタップして
応援してくださりありがとうございます!

この記事へのコメント

  • momoka

    夏休みの宿題で花粉症についてのレポートを書いています。

    花粉のシーズン(2月~4月)に登山に行く人が花粉症になっている確率を
    考えようと、ランダムに登山に関するブログを書いている方へ質問をしています。

    ⓵ 年齢(〇歳台で大丈夫です。)
    ⓶ 性別
    ⓷ スギ花粉が多く飛散する時期(2月~4月)に山登りに行く回数
    ⓸ 花粉症か花粉症ではないか

    お忙しい中、申し訳ございませんが、
    ご協力をよろしくお願いいたします。


    2019年07月24日 14:58
  • たくげん

    momokaさま

    こんにちは、レポート協力させていただきます。

    >⓵ 年齢(〇歳台で大丈夫です。)
    30代

    >⓶ 性別
    男性

    >⓷ スギ花粉が多く飛散する時期(2月~4月)に山登りに行く回数
    この時期だと月1か2程度です。
    最近はいろいろゴタついていて行けてないですが・・・

    >⓸ 花粉症か花粉症ではないか
    花粉症の自覚はないです。
    とはいえ3月過ぎは空気が埃っぽくてあまり外を出歩きたくはないです。
    2019年07月28日 13:30
  • momoka

    ご協力ありがとうございました。
    お返事を参考にさせていただきます。

    堅破山にはたくさんの不思議な石があるんですね。
    きれいに真っ二つ… 
    特に太刀割石にびっくりしました。

    ありがとうございました。

    2019年07月29日 11:56